出荷開始から2年半で出荷個数はなんと40000個突破!

1年間、1000球にも及ぶ使用試験済み。

2016年6月より、出荷を開始しております!!


”TOPSTAR LIGHTING Co.”  (開発・生産)
この会社はGE(ゼネラルエレクトリック)と中国資本との合弁会社であり、主な販売先はウォルマートなどです。
※ GEとはトーマス・エジソンが作った会社です。
  ウォルマートとは、アメリカNo.1スーパーマーケットです。
   


 ▼電照用照明器具(菊・イチゴなど)
 


BLED10_T1 10W 型
BLED10_T1 10W 型
光源色   3波長形電球色
相関色温度 (K) 3500
外径 (mm) 59±1
全長 (mm) 132±2
質量 (g) 98
定格電源電圧 (V) 100
電源周波数 (Kz) 50/60
定格消費電力 (W) 10
定格入力電力 (A) 0.12
全光束 (lm) 800
定格寿命 (h) 25000
口金   E26
安全性基準 PSE取得  

 

 
 ▼LED電球のメリット・特徴

1. 超低消費電力 10ワット!
  100W白熱球の 10分の1
  (当社の)蛍光球の 半分以下!
2. 長寿命でコスト低減 。 
  国際基準に基づくテストで、平均寿命は何と 25000時間!!
3. 従来設備での使用が可能。
  現在使用しているソケットに差し込むだけ!
4. 防水構造(生活防水)となっています。
5. 導入しやすい価格です。(価格については、お気軽にお問い合わせください。)

 
 ▼LED電球の試験について

1. 花芽抑制分化対応試験
秋系はもちろん電照による花芽抑制が効きにくいとされる夏秋系(岩の白扇を含む)
でも
花芽抑制効果を確認。
2. 屋外による風雨点灯試験
   当社倉庫屋外にて2016年初頭より点灯開始。
   雨や風、太陽光による耐久性の試験をしています。
   2019年2月現在 約3年点灯継続中! 
   現在も点灯試験継続中。

            
点灯試験  点灯試験

3. 実際の農場での使用試験
  2016年4月より数箇所の生産農場にて1年試験使用した結果
試験農場数 LED個数 農場場所 不良品数
8 約800個 田原市(愛知県) 3
1 約100個 和歌山県 0

  ◆2019年1月時点での不良品発生率
    
0.5%以下!!  ほぼ問題無しと判断されます。
  
   ◆マレーシアの農場では試験結果も良く、既に1万個以上導入されています。

 ▼出荷ランキング
 
都道府県別 LED出荷個数 2019.1.31現在

 
順 位 取引先都道府県 出荷個数
1 愛知県 10,310
2 宮崎県 7,553
3 長崎県 5,767
4 福岡県 3,423
5 鹿児島県 3,136
6 栃木県 2,713
7 千葉県 1,298
8 静岡県 1,145
9 群馬県 909
10 岐阜県 828
11 広島県 662
12 大分県 520
13 福島県 317
14 和歌山県 225
順 位 取引先都道府県 出荷個数
15 島根県 200
16 熊本県 200
17 北海道 174
18 山形県 154
19 秋田県 150
20 京都府 100
21 沖縄県 100
22 徳島県 88
23 神奈川県 60
24 三重県 50
25 大阪府 48
26 長野県 20
27 茨城県 10
28 兵庫県 10

 

 
 ▼頭上灌水での注意点

▼好ましい例

図 1

動画1



▼好ましくない例

動画2
 


動画2の農場では、残念ながら約25%のLEDに水が入りました。
 (上の画像のようにLED球に水が入っても点灯はします)

原因は回路部(白い部分)と発光部(半透明の部分)の繋ぎ目からの浸水です。
この部分のシーリングは手作業で行っており、完全防水にするには構造の変更が必要となり、コストのかかる作業で、現在の倍以上の価格となってしまい、生産者の方々にコスト的にメリットが無くなってしまいます。


▼LEDの設置位置と頭上灌水装置の正しい設置位置
・ 同じ高さを避ける
・ 二つの距離を近づけない


▼頭上灌水装置からの理想的な水の状態
・ 水の粒は細かい方が好ましい
  (噴射された細かい水が上部より降り注ぐ状態がBEST)
  動画1のような霧状の水ならLED球にかかっても問題はありません
  動画2のように噴出水が直接LED球に当たるのは避けてください


頭上灌水装置とLED電球の位置に少しの配慮を頂き、安いLEDを供給していきます。



 ▼オールガラスLED 11W (菊以外)
オールガラス型LED

 定格消費電力 (W) 11
 質 量 (g) 50
 全光束 (lm) 1000

  
オールガラスLED
従来品(BLED10_T1 10W型)との比較
 1. 消費電力(w)が10w→11wへ
  2. 全光束は20%UPの1000lmへ
  3. 外見は白熱球と同じオールガラスで、
   繋ぎ目が無いため防水性がUPしました
  4. 質量が約50%軽くなりました
 

イチゴなど(菊以外の生産向けに)オールガラスLED11W サンプル出荷します!!


◆◆ サンプルが無くなりましたので終了しました! ◆◆

  注文単位:50個

  サンプル出荷価格:450円(税込)/1個

※但し、送料は別途かかります。
(納品後1ヶ月以内の不良品がありましたら、交換させて頂きます。)

▼納品時不良品の対応について
オールガラスLED11Wが売り切れの場合、10WのLEDとの交換となりますのでご了承ください。

▼ご意見
サンプル出荷、約1年後に使用状況などをお聞かせ頂く予定です。


 
▼オールガラスLED 11Wの使用例
 
 ▼その他
 
◇◆◇ 水銀を使用している蛍光球に関して ◇◆◇
蛍光灯は全て構造的に水銀を使用しています。
弊社としては 水俣条約 を考慮し、蛍光球からLED球に順次変更されていくことを、促進していきたいと考えています。
 

TOP